湊かなえ さんの「告白」や菅田将暉さんが赤羽業(カルマ)を演じた「暗殺教室」を連想する?「3年A組−今から皆さんは、人質です−」。脚本はTVドラマ「電車男」や映画「テルマエ・ロマエ」を手掛けた武藤将吾さん…


新日曜ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」第1話60秒PR!


卒業式まで残り10日に迫った魁皇(かいおう)高校…第1校舎3階にある3年A組の教室で担任の美術教師・柊一颯(菅田将暉)は教壇に立ち、29人の生徒たちに向かって「今から皆さんには、人質になってもらいます」と告げる。タチの悪い冗談だと考えた生徒は教室を出ようとするが、手をかけた扉は施錠されていて開かない。一颯は仕掛けておいた爆弾で階段につながる廊下を破壊、3年A組の生徒たちは退路を断たれる。一颯は「これから、俺の最後の授業を始める」と宣言、数ヵ月前に自ら命を絶ったクラスメイト…その理由を答えるよう要求する。タイムリミットは午後8時…不正解の場合は罰として誰か1人を殺すと言い、回答者として学級委員の茅野さくら(永野芽郁)を指名する。―なぜ教師は「人質事件」という方法をもって「最後の授業」を行うことを決断したのか?衝撃の学園ミステリーが開幕する!