母の遺言を頼りに、5年もの間ひたすらに世界を旅してきた少女・陽菜。300年前の大戦「廃棄戦争」を終結に導いた英雄「伝説の撃墜王」を探し求める彼女は、ある街で仮面の青年・リヒトー=バッハと運命的な出会いを果たす…。TVアニメ「プランダラ」エンディング・テーマ「Countless days」。


陽菜(CV:本泉莉奈) / Countless days

作詞:三浦誠司 作曲・編曲:奥田もとい

どれくらい歩いたかな 風の渡る丘の上
夕陽に伸びた影たち またひとつふたつ

不思議ね ずっと怯えてた夜の訪れも怖くないの

今日という日が星になる 想い出になる
胸の奥へ一緒に刻んだら
もう誰も奪えないでしょう
わたしたちの生きた証

数えきれないほどの日々を 集めてゆこう
捜していたその未来へ 繋がるから

次の町は遠いけど 少し休もうか

そんなに 無理をしなくてもいいんだよ
これからは独りじゃない

しだいしだい重なる手 指を折ったら
昨日より大きな数になる
淋しさも哀しい過去も
少しずつ分け合えるかな

月が昇り沈んだって もう泣かない
真新しい朝が来ると 知ってるから

Countless days
Countless nights
la la la…
歩こう 笑って

それは あまりにも弱く頼りない光だけど

明日という日も星になれ 想い出になれ
胸の奥へ一緒に刻んだら
もう誰も奪えないでしょう
わたしたちの生きた証

数えきれないほどの別れ そして出逢い
そんな日々がきっと未来を 創ってゆく