尾張 権兵衛 のアニメ帳

「JASRACが管理する楽曲であれば歌詞の掲載が可能」ということなのでライブドアブログを選択、気になったアニソンなどを掲載していきます。不採算のサービスはバッサリと切り捨てる…そんなLINEが運営しているところに一抹の不安は残りますが (^-^;)

2020年02月

"壁"からの指令により、22/7のお披露目ライブが2月27日に決まる。ライブに向けて、滝川みうたちはレッスン漬けの毎日。しかしセンターを任されたみうが、メンバーの足を引っ張ってしまう…。TVアニメ「22/7」#3挿入歌「僕は存在していなかった」。


22/7 『僕は存在していなかった』music video

作詞:秋元康 作曲:目黒良子

僕は自分を信じていない
自分の存在 知られたくなかった

風が吹く日は その風が止むまで
部屋から出るなんて考えたこともない

心の窓にはカーテンを引いて
世界の隅でそっと息をしてた

夢見るってことは 何かを期待すること
傷つくくらいなら 夢なんか見たくない

僕は色を持たない花
君とまたすれ違っても
きっと僕を思い出せないだろう
好きと言ってはダメなんだ

青い空よりどこまでも澄んだ
自由の意味を知るやさしい眼差しで

孤独な窓を何度も叩いて
世界の広さ君は教えてくれた

必要とされるのは生きてる意味を感じる
雨風に打たれても生まれ変われる

僕も色を持ってた花
やっと今さら気づいたよ
君が僕に光をくれたんだ
好きと言ってもいいのかな

すべては他人事(ひとごと)のようでも
君だけは愛を見捨てずに
どこからか 僕を呼ぶ声が聴こえる

他の花と比べていた
ずっと一人絶望して
どんな花も色があるように
僕には僕の色がある

僕は自分を信じ始めた
今なら好きだと言えるかもしれない

"壁"からの指令により、22/7のお披露目ライブが2月27日に決まる。ライブに向けて、滝川みうたちはレッスン漬けの毎日。しかしセンターを任されたみうが、メンバーの足を引っ張ってしまう…。TVアニメ「22/7」#3挿入歌「シャンプーの匂いがした」。


22/7 『シャンプーの匂いがした』music video フルver.

作詞:秋元康 作曲:長沢知亜紀(CWF)・永野小織(CWF)

西側の校舎抜け
プレハブの部室まで
スカートをなびかせて
一人 走る

先輩が辞めるって
今さっき聞かされた
突然の出来事に
動揺してる

穏やかに微笑む彼女を
両手を広げ 留(と)めてくれたか?
気持ちは変わらなくても
話 聞かせて欲しい

他人(ひと)に言えないくらい好きだった
そばにいるだけでときめいた
想い 気づかれぬように隠して
ずっと 告白できなかった
初めてのこの恋は
シャンプーの匂いがした

憧れの先輩は
窓際で待っていた
まだ胸が苦しくて
肩で息した

真っ白なブラウスが
逆光に透けていた
ハッとしたその理由(わけ)は
私の秘密

ごめんねと声には出さずに
唇だけがそっと動いた
彼女のその決意に
おでこをつけて泣いた

他人(ひと)に知られたくない恋だった
ずっとさりげなく見つめてた
何か話したらバレちゃうから
一人 心を落ち着かせた
振り向いたその髪は
シャンプーの匂いがした

ぎゅっともう一度抱きしめられて
ずっと気づいてたと言われた

他人(ひと)に言えないくらい好きだった
そばにいるだけでときめいた
想い 気づかれぬように隠して
ずっと 告白できなかった
初めてのこの恋は
シャンプーの匂いがした

滝川みうの元に届いた、芸能事務所「G.I.P」からの怪しげな手紙。運命に導かれるように集められたのは、みうを含め8人の少女たち。「あなた方にはアイドルユニットとしてメジャーデビューしていただきます」―合田と名乗る男に導かれ、目の前に現れたのは地下に存在する極秘施設と謎の"壁"…。TVアニメ「22/7」エンディングテーマ「空のエメラルド」。


TVアニメ『22/7』エンディングテーマ

作詞:秋元康 作曲:古川貴浩

何度目の行き止まりを引き返せばいい?
僕たちの道はどこにあるのだろう

すぐそこに見えてたはずの自分の夢が
こんなにも遠く離れてたなんて…

ジタバタしてたら あっという間に
抱える荷物にうんざりしながら
大人になってた

空のエメラルド 何を伝えたいと言うのか?
夜明けが近づいた地平線よ
雲の切れ間に溢れる緑の輝きは
希望と呼ぶには儚い今日らしい
It's coming

さっきまで煌(きら)めいていた彼方の星が
現実の風に吹き消されるように…

諦められたら どんなに楽か
やらなきゃいけない わかっていたって
投げ出したくなる

こんな美しい時間(とき)のグラデーション見てるか?
新しい未来の境界線
息をするのを忘れてしまうくらいに
変わり行く空に心を震わせた

朝陽は何を照らすの?
可能性と生きる力
ここから始まるんだ 眩しい一日が…
夢を磨けばいつの日か ジュエル

空のエメラルド 何を伝えたいと言うのか?
夜明けが近づいた地平線よ
雲の切れ間に溢れる緑の輝きは
希望と呼ぶには儚い今日らしい
It's coming

Like emeralds…

滝川みうの元に届いた、芸能事務所「G.I.P」からの怪しげな手紙。運命に導かれるように集められたのは、みうを含め8人の少女たち。「あなた方にはアイドルユニットとしてメジャーデビューしていただきます」―合田と名乗る男に導かれ、目の前に現れたのは地下に存在する極秘施設と謎の"壁"…。TVアニメ「22/7」オープニングテーマ「ムズイ」。


TVアニメ『22/7』オープニングテーマ

作詞:秋元康 作曲:後藤康二(ck510)

「大人たちは簡単に言うけど…
私にとっての希望って どこにあるの?」

途切れることのない車の往来に
国道 渡れなかった
誰かの言葉とか 冷たい眼差しに
心が萎縮するように…

夢なんかを見ていたって
傷つくだけだと身にしみた

「自分がどこにいるのかわからない 何も見えない世界で途方に暮れている
どっちに向かって進めばいいの?もうどこへも歩きたくない」

ねえどうして (人は) 生きていかなきゃいけないの? (教えて)
命って (命って) 何のためにあるの?
自信がない (私) これからどう生きればいい? (孤独よ)
だって人生が長すぎる
「ムズイよ」

教室のカーテン 漏らしたため息に
何度も膨らみ萎(しぼ)む
つまらない授業もただのクラスメイトも
何にも興味が持てない

日常から逃げ出すには
一つしか方法がなかった

「優しい言葉なんか掛けないで 叶わない夢ばかり見てしまうから
はっきり言って欲しい すべては幻想なんだと」

ねえどうして(人は) 死にたくなっちゃいけないの? (教えて)
誰だって (誰だって) 考えるでしょう?
私なんて (きっと) このままいなくなればいい (さよなら)
何を信じて生きるのだろう

なりたかった自分も なれなかった自分も
窓ガラスに映った泣いている自分も 全部自分だ

人は誰でも変われるって
夢なんか見せないでよ
「諦めた方が楽だし…ごめん」

ねえどうして (人は) 生きていかなきゃいけないの? (教えて)
命って (命って) 何のためにあるの?
自信がない (私) これからどう生きればいい? (孤独よ)
だって人生が長すぎる
「ムズイよ」

全国大会に向けて準備を進める烏野高校排球部に、影山の全日本ユース強化合宿招集の報せが舞い込んだ。さらに月島にも宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかる。合宿メンバーに選ばれなかった日向は、宮城県1年生選抜強化合宿に押しかける…。TVアニメ第4期「ハイキュー!! TO THE TOP」EDテーマ曲「決戦スピリット」


決戦スピリット/CHiCO with HoneyWorks

作詞・作曲・編曲:HoneyWorks

プレッシャーそれがどうした
神様の助けはいらない
エゴイストそれがどうした
勝ちたいに理由などない

Break out 挑まずにはいられない
Break out 影さえも振り切ってけ
Break out 現状の限界
乗り越えろ チャンス
We are 全力をかけた
We are 怯えることない
Winner 確信へ変われ
高く高く高く
舞い上がれ

味わった敗北のキズは
涙やって花を咲かせる
“諦めろ”と笑えばいいさ
そんな言葉 僕は知らない

背負うもの それも楽しめ
同情に付き合う気はない
リアリスト勝手にしろよ
番狂わせ壊してしまえ

Break out このまま燃え尽きたって
Break out 恥じることない生き様
Break out 感情の高鳴り
力に変えてけ
We are 勇敢な心
We are 前進あるのみ
Winner 満身創痍で
足掻け足掻け足掻け
掴み取れ

ぶつかって転(こ)けては立って
膝の傷 勲章になる
“粋がってろ”馬鹿にされても
勝利掲げ 僕は生きたい

臆することない
Wow 強き風が背中押す
Wow 宿れ青い炎
Wow 時代を作れ風雲児
Wow 頂上へいざなう道

Break out 挑まずにはいられない
Break out 最強の最前線
Break out 戦場の均衡
ぶち壊せ Ready Go!!
We are 逆境の嵐
We are 恐るるに足らず
Winner 喝采を浴びて
強く強く強く
清くあれ

味わった敗北のキズは
涙やって花を咲かせる
“諦めろ”と笑えばいいさ
そんな言葉 僕は知らない
“粋がってろ”馬鹿にされても
勝利掲げ僕は生きたい
敗北を知り花は咲く

“不可能”と笑えばいいさ
そんな言葉 僕は知らない

↑このページのトップヘ