尾張 権兵衛 のアニメ帳

「JASRACが管理する楽曲であれば歌詞の掲載が可能」ということなのでライブドアブログを選択、気になったアニソンなどを掲載していきます。不採算のサービスはバッサリと切り捨てる…そんなLINEが運営しているところに一抹の不安は残りますが (^-^;)

2019年05月

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」―死神が落とした恐るべき“デスノート”。ノートを拾い、世の中の犯罪者たちを抹殺して理想的な新世界を築こうとする高校生・夜神月と、彼の行為を止めるべく捜査に乗り出す謎の名探偵・L。一冊のノートから始まる天才vs天才の壮絶な頭脳戦が繰り広げられる…。「DEATH NOTE デスノート」エンディング曲「アルミナ」。


[PV] アルミナ Alumina - ナイトメア Nightmare

作詞・作曲:咲人

流れる時間の中瞬く刹那的煌きを
この世の記憶に刻むため 歩き続けるBeliever

誰にも見れないユメを見て 要らないものは全て捨てた
ゆずれない想い この胸に宿して

まだ現実(リアル)と理想(イデアル)の狭間にいて 犠牲の枷に足をとられても
溢れる衝動押さえきれない 強く求める心があるから

「偽り」「恐れ」「虚飾」「憂い」 様々なネガティブに
とらわれるほど弱くはない 孤独も知らぬtrickster

夜空を突き刺すビルの群れ 星など見えない宙見上げ
「迷いはないか」と 自分に問いかける

この街中溢れるモノにまみれ うつつを抜かすようなことは無い
未来へと繋がる道の果てで この手に掴むものを見たいから

瞼を閉じ意識の海に浮かんで 思い描く 理想を手にするその日を

限りある「生」をこの世に受け 枯れゆくだけは愚かに等しい
他の誰もが持ち得ないもの 「自分自身」という名の結晶へ

キレイゴトを突き通すこと いつか真実へ変わる
頑に信じ続けたい It's just my faith. The absolute truth.

流れる時間の中瞬く 刹那的煌きを
この世の記憶に刻むため 歩き続けるBeliever

孤児院を追い出され、ヨコハマの街を彷徨っていた中島敦。このまま野垂れ死ぬか?いや、何をしても生き延びてやる―盗っ人やむなしと決意した矢先、川を流されていく奇妙な男と遭遇する。どこか飄々とした自殺マニアの名は太宰治、噂に聞く異能力集団「武装探偵社」の社員だった。太宰が同僚の国木田独歩とともに「人喰い虎」を探していると知った敦は震え上がる。その虎こそ、すべてを失った元凶だったのだ…。「文豪ストレイドッグス」第1シーズンED主題歌「名前を呼ぶよ」。


ラックライフ/名前を呼ぶよ(『文豪ストレイドッグス』ED主題歌)

作詞・作曲:PON

僕が僕でいられる
理由を探していた
あなたの胸の中で
生きている僕がいるのならば
暗闇も長い坂道も
越えて行けるような
僕になれるはず

それぞれに今を歩いてる僕らが笑えるように
生きている意味を確かめ合いながら進めるように
名前を呼ぶよ
あなたの名前を
あなたがあなたでいれるように

悲しみに暮れてあなたの涙がこぼれる時
寂しさに溢れて心がしぼんでく時
名前を呼ぶよ
あなたの名前を
僕の名前を呼んでくれたみたいに

深く息を吸い込む
飲み込んで空に放つ
誰もが幸せになれる
信じてもいいかな
僕にだって

眩しいくらいの未来がこの先に待っていても
僕一人きりで迎えてもなんの意味もないの
名前を叫ぶよ
僕の名前を
今でもここにいるよ
聞こえてるかな

『いなくてもいいか』
一人呟いて空を見上げてた
風に紛れて
どこからか聞こえた
僕の名前
僕が僕でいれるように貰ったモノ

それぞれに今を歩いてる僕らが笑えるように
生きている意味を確かめ合いながら進めるように
名前を呼ぶよ
あなたの名前を
あなたがあなたでいれるように

悲しみに暮れてあなたの涙がこぼれる時
寂しさに溢れて心がしぼんでく時
名前を呼ぶよ
あなたの名前を
僕の名前を呼んでくれたみたいに

藤沼悟は突如、昭和63年に時間跳躍する。それは「リバイバル」、過去に戻り「違和感」を解決することで起こりうる事件を回避するという現象だ。そこでは母が在りし日の姿のままでいる。だが、なぜこの時代なのか違和感がどこにあるのか、答えが出ない悟…。「僕だけがいない街」エンディングテーマ「それは小さな光のような」。


さユり『それは小さな光のような』「僕だけがいない街」ED

作詞・作曲:梶浦由記 編曲:江口亮

僕だけが見てた
君のこと
過去も未来も
かなしみもよろこびも
全て

オトナになるってきっと
優しくなる事だと信じていた
子供の頃の僕のままに

君のこと守りたいと思う
暗闇から目覚めても
僕を待ち受けてる彼方で
二人を隠したこの街に
誰も知らない雪が降っていた
君は僕の胸に刻まれた
一番深い傷跡のようで
君が笑うこの世界の歌
取り戻すよ

どの部屋の時計も
少しズレていてさ
僕らはいつも
言葉を掛け違う歯車

ひとりぼっちで泣いた
ヒーローごっこ
伸ばす前にくじけた
両手で君の頬に触れた

君のこと壊したいと思う 
世界は夢の狭間で
黒い祈りを孕んで
大事なものだと撫でていた
優しい指がねじれてゆく
僕はただ僕のために   
力なきこの手を
微かな輝きの方へ
もがいてみる
君の歌う未来へ
導いてよ

守りたいと思う
まぎれもなくあたたかい場所が
あることを信じてる
寂しさに喰われた優しさが
白い雪に埋もれて行く夜
君は僕の胸に小さな火を灯す
古い傷跡のようで
微笑んでよ
この世界の暗闇から
目覚めてゆく光のような
君のうた

僕だけが見てた
君のこと……

29歳の藤沼悟は、自身が引き起こす特殊な現象「リバイバル」の結果、交通事故に遭ってしまう。幸い軽傷で済んだものの、母親の佐知子と同居することに。バイト先から帰宅した悟は、信じられない光景を目にするのだった…。「僕だけがいない街」オープニング・テーマ「Re:Re:」。


ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Re:Re:』(Short Ver.)

作詞:後藤正文 作曲:後藤正文・山田貴洋

君を待った
僕は待った
途切れない明日も過ぎて行って
立ち止まって振り返って
とめどない今日を嘆き合った

記憶だって 永遠になんて残らないものとおもい知って
僕はずっと掻きむしって 心の隅っこで泣いた

そしてどうかなくさないでよって
高架下、過ぎる日々を
後悔してんだよって そう言い逃したあの日

繋ぎ合った時もあった
ほどけない感情持ち寄って それが僕のすべてだった
それもたった今 失くしたんだ

形だって 時が経って変わりゆくものとおもい知って
僕はずっと掻きむしって 塞がれた今日を恨んだ

そしてどうかなくさないでよって
高架下、過ぎる日々を
後悔してんだよって そう言い逃したあの日

君を待った
僕は待った
途切れない明日も過ぎて行って
僕は今日も掻きむしって
忘れない傷をつけているんだよ
君じゃないとさ

東京・浅草。中学二年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の三人は、カッパ王国第一王位継承者を名乗る謎の生命体ケッピと遭遇し、「尻子玉」を抜かれてカッパにされてしまう。人間の姿に戻るため、三人がクリアしなければならないミッションとは…。「さらざんまい」エンディング・テーマ「スタンドバイミー」。


the peggies 『スタンドバイミー』Music Video Short Ver.

作詞・作曲:北澤ゆうほ

スタンドバイミー お願い
僕は 僕は 強くなれるのかな
涙が雨にさらわれてく
君の熱に抱かれたい

放っておいた消えかけの電球
ある朝そっと明かりは消えてた
まるで君と僕みたい
繋いだ手の儚さを知る

曇りガラス この宇宙の向こう
微かに見える 君がいるんだね
ほんとはさ気付いてる
“今”の君に触れられぬ“距離”

膝を抱えて憧れていたのは
いつかの残像

スタンドバイミー お願い
僕は 僕は 強くなれるのかな
君が今ここにいなくても
手を伸ばす自信をくれよ
スタンドバイユー お願い
何もかもを取っ払ってしまいたい
涙が雨にさらわれてく
君の熱に抱かれたいだけなんだ

君のいない部屋で目が覚める
僕がいない知らん顔世界
ほんとはさ気付いてる
人は変わってゆくものでしょう?

さよならなんて聞こえないふりしてたら
置いてかれんだ

スタンドバイミー お願い
僕は 僕は 戻らないって決めたんだ
息もできない夜を越えて
君に会いたい 叶うのなら
スタンドバイユー お願い
離れ離れ 強くなれるのなら
進む道が間違ってたって良い
消えないのは君への想いだけなのに

君の痛みに気付けなかったから
嘘をついても側にいられるなら
僕を捧げよう

スタンドバイミー お願い
僕は 僕は 強くなれるのかな
君が今ここにいなくても
手を伸ばす自信をくれよ
スタンドバイユー お願い
何もかもを取っ払ってしまいたい
涙が雨にさらわれてく
君の熱に抱かれたいだけなんだ

↑このページのトップヘ