式神が現れ、犬夜叉は桔梗と再会する。奈落が妖怪鳥の巣の回りに張っていた結界を解いたのは、犬夜叉たちをおびき寄せる罠だという。あの世とこの世の境に犬夜叉たちを引き込み、かごめの力を使って四魂のかけらを探させるつもりなのだ。自ら赴こうとする桔梗を犬夜叉が引き留めると、桔梗は一本の矢を犬夜叉に託した…。「犬夜叉」オープニング「ANGELUS -アンジェラス-」。


島谷ひとみ / 「ANGELUS -アンジェラス-」

作詞:BOUNCEBACK 作曲:BULGE

誰かのため流すナミダ 祈りのように頬につたう
それを“弱さ”と隠さないで “やさしさ”と受け入れて

呼吸さえも忘れさせる 瞳の中にみつけた空
太陽だけが輝いてる 何を探しつづける?

鏡をみつめ 誓ったあの日 あなたにはきっと見えてた
自分の背中にも 翼があると

あなたが変わり 世界が変わる
夢に届け 愛の炎
ゆらゆら蜃気楼 越えて
空にはヒカリ 大地に水を
その心に強さを
未来へたどりつく ANGELUS

望みがもし叶うのなら 風になること選ぶでしょう
迷いを捨てたあなたの羽根 私の風をつかむ

高鳴る胸と 恐れる気持ち 痛みが混ざりあう過去を
振り切れたらそこに 原色の虹

一秒ごとに 世界を変える
刻みだした 愛の鼓動
ジリジリ燃え上がる 願い
海より深い 見果てぬ夢を
追い求める 強さが
闇を照らしてゆく ANGELUS

「走りつづけるなら、飛び立てるはず…」

あなたが変わり 世界が変わる
夢に届け 愛の炎
ゆらゆら蜃気楼 越えて
空にはヒカリ 大地に水を
その心に強さを
未来へたどりつく ANGELUS

情熱の破片(かけら)を手にして