尾張 権兵衛 のアニメ帳

「JASRACが管理する楽曲であれば歌詞の掲載が可能」ということなのでライブドアブログを選択、気になったアニソンなどを掲載していきます。不採算のサービスはバッサリと切り捨てる…そんなLINEが運営しているところに一抹の不安は残りますが (^-^;)

戦場へと走るナルトとビーの前に、二人を止めるため綱手と雷影が現れる。ナルトを行かせてやってくれと雷影を説得するビー。皆が死んで自分だけ生き残っても意味がないと自分の思いをぶつけるナルト。がしかし、「行かせるくらいならばお前を殺す」と繰り出す雷影の拳を、ナルトをかばってビーが受け止める…。「NARUTO-ナルト- 疾風伝」エンディングテーマ「MOTHER」。


MUCC 『MOTHER』

作詞・作曲:ミヤ

なんでかなぁ 空が飛べないのは
夢の中の僕は 羽がはえてんのに

限界を超えて とびだそうここから
さみしさ吹き飛ばす 君と君と

アイラブユーもさよならも消えていった
ここに不完全な僕だけを残して
愛のウタ君にまだ 教わってないよ
空に満開の夢だけを残して とんでいった

孤独の天使 夜に堕ちていった
傷ついた羽が 痛くて泣いた

アイラブユーもさよならも言えなかった
全部胸にしまったままの理想郷
大切な想いなら夜明けを待って
空に満開の今だけを映して

愛のウタ 君にまだ伝えてないよ
どこまでもまぶしく輝く世界を この歌を

戦場へと走るナルトとビーの前に、二人を止めるため綱手と雷影が現れる。ナルトを行かせてやってくれと雷影を説得するビー。皆が死んで自分だけ生き残っても意味がないと自分の思いをぶつけるナルト。がしかし、「行かせるくらいならばお前を殺す」と繰り出す雷影の拳を、ナルトをかばってビーが受け止める…。「NARUTO-ナルト- 疾風伝」オープニングテーマ「Moshimo」。


ダイスケ / Moshimo (Short Ver.)

作詞・作曲:ダイスケ

いつまでも追いかけているあなたの残像を

夢にみる横顔はあの頃のままで
背の高い草並みに走り去って消えた
思い出す記憶をかきわけ後追うぼくは
もどかしくも息を切らして最後は届かずに 遠く

何年前のことでしょう 二度と戻れないあの場所に
置いてきてしまったぼくの心さ

もしも夢ならば 取り戻せないのなら
この気持ちはどうして伝えればいいの?
いまだに追いかけているあの日の残像を
悲しみに明け暮れながらも今
あなたなき世界でぼくは生きるよ

いつの日かすべて忘れてしまうその時が
この悲しみも思い出せなくなるくらいなら あぁ
深い深い胸の痛みも 癒えないままで残しておいて
忘れちゃいけないぼくの心さ

もしも夢でなら あなたと会えるのなら
この気持ちも忘れずにい続けられるよ
いつまでも追いかけてるあの日の残像を
悲しみにあけくれながらも今
あなたなき世界でぼくは生きるよ

あなたがいなくなっても 廻り続けてる世界で
あの日の記憶はまだ生きている 僕の隣で

もしも夢でまた あなたに会えるのなら
その横顔 この目に焼き付けておこう

もしも夢でなら あなたと会えるのなら
この気持ちはきっと褪せることもなく
いつかどこかでまた会う時が来るまで
悲しみは強がりで抱きしめて
あなたなき世界でぼくは生きるよ

雷影も驚愕する程の金角銀角兄弟が戦闘に加わり雲の忍のアツイとサムイ、そしてダルイがそれに立ち向かう。しかし金銀兄弟は六道仙人の宝具と呼ばれる五つの忍具を操り、過去に二代目火影を瀕死にまで追い込んだ恐ろしい強さをもつ忍だった…。「NARUTO-ナルト- 疾風伝」エンディングテーマ「この声枯らして feat. CHEHON」。


AISHA 『この声枯らして feat. CHEHON』

作詞・作曲:平義隆・CHEHON

繰り返してきた いくつもの後悔と悲しみ
昨日の弱さに足をすくわれたって
過去を振り返る暇はない
傷ついた痛みを乗り越え
自分の価値を確かめてみたいんだ

外野(まわり)の声を振り払って
群がる人波掻き分けて
あなたと描いてきた永遠に触れるまで

たとえ全て失っても
進まなきゃならない
私にしか開けない扉がある
深く傷ついたとしても
この声枯らして叫び続けたい
たったひとつだけの愛がある

SO 湧き上がる 力を信じて立ち上がる
Let it go 諦めぬ 命をもらった借りがある
山がある 谷がある 乗り越えてみれば何がある
生きていればこの先がある 誰にも譲れない旅がある

通り過ぎてきた いくつもの喜びと温もり
大切なひとたちをこの胸に抱いて
過去も未来もすべて
そう いまの自分次第
その手の中にすでに答えはあるはずなんだ

馬鹿な夢とコケにされても
現実見ろと罵られても
あなたと生きている永遠はここにある

どんな壁に塞がれても
進まなきゃならない
君にしか開けない明日がある
深く傷ついたとしても
この声枯らして叫び続けたい
たったひとつだけの愛がある

遡る事が出来ぬ時間の流れ
二度とは戻れないこの日々の中で
それぞれが様々な景色を眺め
出会い別れ繰り返してく それが人の運命
誤りや過ち 染み込ました体に
あの空の彼方に誓いましたあなたに
向かう場所は荒波 だがこの胸は高鳴り
何を求め何を感じ何を信じ愛す それは

たとえすべて失っても
進まなきゃならない
私にしか開けない扉がある
深く傷ついたとしても
この声枯らして叫び続けたい
たったひとつだけの…

どんな壁に塞がれても
進まなきゃならない
君にしか開けない明日がある
深く傷ついたとしても
この声枯らして叫び続けたい
たったひとつだけの愛がある

↑このページのトップヘ