尾張 権兵衛 のアニメ帳

「JASRACが管理する楽曲であれば歌詞の掲載が可能」ということなのでライブドアブログを選択、気になったアニソンなどを掲載していきます。不採算のサービスはバッサリと切り捨てる…そんなLINEが運営しているところに一抹の不安は残りますが (^-^;)

羽海野チカさん原作のTVアニメ「3月のライオン」、米津玄師さんが歌う第2クールのエンディングテーマ「orion」。米津さんがVOCALOIDで楽曲の制作をしていたのは知りませんでした (^-^;)


米津玄師 MV「orion」


作詞:米津玄師 作曲:米津玄師

あなたの指が
その胸がその瞳が

眩しくて少し
眩暈がする夜もある

それは不意に落ちてきて
あまりにも暖かくて
飲み込んだ七色の星

弾ける火花みたいに
ぎゅっと僕を困らせた

それでまだ
歩いてゆけること
教わったんだ

神様 どうか どうか
声を聞かせて
ほんのちょっとでいいから

もう二度と
離れないように

あなたと二人
あの星座のように
結んで欲しくて

夢の中でさえどうも
上手じゃない心具合

気にしないでって
嘆いたこと
泣いていたこと

解れた袖の糸を
引っぱって

ふっと星座を
作ってみたんだ
お互いの指を星として

それは酷くでたらめで
僕ら笑いあえたんだ

そこにあなたが
いてくれたなら
それでいいんだ

今なら どんな どんな
困難でさえも
愛して見せられるのに

あんまりに
柔くも澄んだ

夜明けの間
ただ眼を見ていた
淡い色の瞳だ

真白でいる
陶器みたいな

声をしていた
冬の匂いだ

心の中 静かに荒む
嵐を飼う 闇の途中で

落ちてきたんだ
僕の頭上に

煌めく星
泣きそうなくらいに
触れていたんだ

神様 どうか どうか
声を聞かせて
ほんのちょっとでいいから

もう二度と
離れないように

あなたと二人
この星座のように
結んで欲しくて

結んで欲しくて

春、片瀬高校の体育館。卓球部の顧問・小泉丈はメガネのカットマンがいるのに気づく。今年入部した期待の二強の片割れ、月本誠(スマイル)だ。そのころもう片方の片割れ星野裕(ペコ)は、タムラのオババがやっている卓球場で挑戦してきた一般人をカモにしていた。幼い頃、スマイルを卓球に誘ったのはペコ。対照的な性格の二人だが、今も行動をともにすることは多い。部活をさぼって辻堂学院高校まで足を伸ばした二人。そこには中国からの留学生・孔文革がいた…。「ピンポン」エンディング・テーマ「僕らについて」。


メレンゲ「僕らについて」「ピンポン」 エンディング・テーマ

作詞:クボケンジ 作曲:クボケンジ

赤い陽が僕を睨む様
あくびしたら滲んだ世界

望みはメトロノームのよう
全てだけが終わり告げる

夢ではない そうでもない
僕らはね ここにもない
誰かのタバコを吸って 一息ついたら
光りだす俺 決意の絵文字

果ては fade away?
知らぬ存ぜぬ
未だ wonderland
雨が降っても濡れないんだぜ
集え wonderland

赤い陽が僕を睨む様
あたりは静けさに満ちる
響きはメトロノームのよう
誰がために鐘は鳴り響く

恐れてない そうでもない
見上げるほど 高い壁でもなく
大人一枚 まだ飛べるのだ
巨大なスクリーン 拍手のルーティン

今だ find a way
ゆえに golden
踊れ round and round
無限のイメージ
集え wonderland wonderland

oh oh oh

夢ではない そうでもない
まだ足りない もしもの時あらわる
テレキャス持って 灯りともったら
歌いだす俺 いざエモーショナル

果ては fade away?
知らぬ存ぜぬ
未だ wonderland
未だ wonderland
集え wonderland

例えば君が来てくれたなら
残りわずかの声を涸らすよ
長いトンネル くぐり抜けたら
きっと
夢ではない
そうでもない
僕らはね
ここにもない
誰からも

↑このページのトップヘ